ハイエースが苦手な妻を口説く part-1

我が家はもうすぐ6人家族になります。

そんな我が家のマイカーは2004年式のステップワゴン

走行距離も17万キロを超えましたー
このまま20万キロも行けそうな調子ですが

手狭になってきたっていうのもあり

色々と次の車の候補を物色しているところです

我が家は長距離移動が多いので、
荷物も積めて6人がゆったり座れる車がいいんです

6人がゆったり座れる
というポイントだけで考えれば
アルファードやヴェルファイア、エルグランド等のミニバンが候補になるんですが

荷物も積みたい
というポイントを考慮すると
意外とミニバン達には厳しい要件となってしまうようで

先日、トヨタのディーラーでアルファードの実車を見てきましたが
最後列のシートの後ろはスペースゼロに近いです

もちろん、二列目・三列目のシートを少しずつ前にズラせば
一番後ろの荷室もある程度はスペースを確保できますが。。。

という訳で、パッと思いつくのは「ハイエース」!!!

と、ここで問題が

スポンサーリンク

妻はハイエースが嫌い

そうなんです、よりにもよって、妻がハイエースを嫌っています

いきなり致命傷です

だから「口説く」というタイトルにしたんですけどね。。。

ハイエースのメリット

・乗車人数の選択肢が幅広い
 我が家のケースで考えれば6人乗れればOKなのですが、必要に応じて10人乗りなんかも可能
 それだけ、空間の広さが確保できているという事です
・ゆったり座っても、荷物が沢山積める
 キャンプ用品なんかも余裕で積めます!
・ディーゼルラインナップが存在する
 坂道なんかは大きな車体を余裕で動かせるパワーが必要ですよね
 ディーゼルはガソリン車よりトルクが強く、運転のストレスが軽減されます
・後部座席をフラットにして車中泊も可能に!
 子供がまだ小さいので、車中泊をするならフルフラットにできるようが何かと楽です
・ハイエースは人気もあるので、リセールバリューが良い!
 いざ売るとなった時に、高値で売れた方が良いですよね
・ハイエースのカスタムパーツが多いので、弄るのも楽しい!
 これは大事な要素でしょ?

ハイエースのデメリット

・運転席と助手席の目線がとても高い(座面の下にエンジンルームがあるので、椅子が高い)
 これが致命的で、バスみたいな目線で酔うと言われてしまっている。。。
・段差でよく弾む
 これも酔いに繋がる要素として、かなり痛いところ。。。
・車両価格が高い
 ちょっと欲張ると高級ミニバンと同額レベルに。。。
・車格がデカイというだけで、妻が苦手意識を持ってしまう
 妻が子供を幼稚園へ送迎する日があるので、こんな大きな車運転したくないと言われている

デメリットというよりも、妻の苦手意識が。。。。orz

この苦手意識をどうやって切り崩そうか、検討中です。

スポンサーリンク
HABATAKIブログ@翔