目標を決めると人生が変わる

ブログ
スポンサーリンク

目標を立てよう

目標を決めることで得られるメリット

何をするにも目標を決めて取り組みなさいって結構言われるよね
会社に属したりすると、尚のこと言われる

そういうのを上司から偉そうに言われると、ちょっとイラっとして
本質を見失う事が多々あると思いますが
目標を決めるのはやはり有効な手段な訳で

  • 目標を決める事で、現状と目標の差を客観的に分析できる
  • 目標を決める事で、自分の行動が目標に向かっているか確認する事ができる
  • 目標を決める事で、モチベーションを維持できる
  • 目標を実現したイメージをする事で、ワクワクできる

目標を決める事で、良い事は沢山付随してくるのです

一方で、やはりデメリットもあります

目標を決めるデメリット

これは目標がデメリットを抱えると言うより
目標の設定方法に落とし穴があると言えるかもしれません

  • 目標が漠然とし過ぎて、壮大な夢になってしまう
  • 目標が遠過ぎて心が折れる
  • 目標が抽象的過ぎて脱線する
  • 目標によって自分にプレッシャーがかかり過ぎて疲れる

このようにメリット、デメリットがあるにはあるのですが
先述の通り、目標の設定方法を間違えるからデメリットが発生するのです

単純に、ワクワクできる目標を立てれば良いだけなんです

楽しくなる目標を考えよう

例えば仕事の目標を考えてみましょう

私は以前の会社で、自分のチームの売り上げ金額、
利益率を年次目標として掲げて
その目標を実現する事で、昇進する事ができました

  • 利益率を15%以上にすると決める(目標)
  • 現在の利益率が8%程度だとする(現状)
  • 差分の7%を埋める為の作戦を考える

これを実現まで持って行って、自分の給料をぶち上げる!←これがゴール
シンプルっす

この状況で次に何をするか、みなさんやりますよね

予測です

現在の利益率が8%なのだとしたら、今の売り上げ金額で
今のメンバーを維持していくと、利益率は変わりません

なので、何かを削るか、何かを増やさなければいけません

では、売り上げ金額が上がったらどうでしょう
そう簡単に売り上げ金額は上がりませんよね?

でも目標を実現して自分の給料をぶち上げたいですよね?
頑張れば良いだけなんです

私は、自分の給料を上げたい(しつこい)のは勿論なのですが

一緒に働くメンバーにも何かしらの恩返しをしたい
と思いながら仕事をしていました

例えば技術的に私が教えられる事は、プロパーやパートナー関係なく
レクチャーしましたし、人生相談的なものもよく聞いてました

要は私は皆んなに幸せになってもらいたかったんです
その結果、私も結果になれるように持って行きたかったんです

その甲斐あって、私が案件を取ってくるので
現場の作業をなんとかお願いしたいと言う要望もメンバーに飲んでもらえたし

売り上げ実績を上げた事で、メンバーの評価も上げる事ができました
結果、メンバーの単価も少しながら上げることもできました

自分が目標を掲げて動くことで、周りも巻き込む事ができたりするのです

そうなると、自分1人で実現したものでは無くなりますが、
それはそれで良いのです

目標を共有する

先の例で書いてしまいましたが
自分で掲げた目標を自分の中で大事にしまっておくのは勿体無いです

是非、周囲の人と共有しましょう

その目標に共感してくれた人がいれば、必ず何かしらの形で手伝ってくれます
手伝いができないとしても応援してくれたりします

そう言う支えがあるだけでも全然違います

ちょっと愚痴をこぼしたって良いし
ちょっと寄り道したい時もあるじゃないですか

そういう時に、目標を共有している人と話したりして
自分を落ち着かせるのも有効な手段です

目標が達成できたら

まず、自分を褒めて上げましょう
これ結構大事です

その次に、周りで応援してくれた人、手伝ってくれた人
色々な人に感謝しましょう

その感謝の気持ちは必ず周りの人に伝わります
そしてその感謝の姿勢が、更に自分を応援してくれる流れに変わります

自分はお客様と共に喜んでました
お互いにWinWinになれるようにと口癖のように話していたので
目標が達成できた時はお客様にも感謝だったし、逆にお客様からも感謝されました

こうやって、良い関係が出来上がっていくんだと実感した経験です

まとめ

長々と書きましたけど
目標を掲げる事でなりたい自分を描けるし

その「なりたい自分」になれたら

今度は次の「なりたい自分」が見えてくるんですよね

これを繰り返していけば、もっともっと自分が見えてくるし
その結果、自分が生き生きとしてくるわけです

なので、是非
まずは小さい目標から初めてみませんか